SONY DSC

夜の山って、どうしてあんなに怖いんでしょうね?

人間は五感のうち、視覚に頼っているところが大きいから、何も見えない場所はとてつもなく不安になります。

それに加えて山には生命を脅かす獣や蛇、虫がいますから、人間の本能が危機感を発動するのでしょうね。

修行僧は真っ暗やみの山道をひたすら走って巡るそうですが、そのくらいの荒療治をすれば慣れるのかもしれませんね。

普通の人が山道を歩く際は、素直に懐中電灯を携帯するに越したことはありません。
道に迷って日が暮れた場合でも安心です。夜の山は本当に暗いですから、なるべく明るいものを持って行ってくださいね。