LEDライトを購入する際、目安となるのが明るさを表す「ルーメン値」です。

しかし○○ルーメンと言われても、イマイチわかりにくいですよね。


上の動画を見ると、1600lmと表記されているLEDライトの、実際の明るさがわかるかと思います。
動画で見ると暗く見えますが、実際はもっと明るいですよ。

正直言って1600lmに足りていない気もしますが、それでも市販の一般的なライトに比べれば、その明るさは雲泥の差。

↓ちなみにこちらは1600lmのLEDライトを自転車に付けてみた動画です。

いかがでしたでしょうか。1600lmと表記されているLEDライトの実際の明るさがこれくらいだと思えば、理想のLEDライトを探しやすくなるかと思います。

 

LEDライト IGNUS(イグナス)の中で1600lmのものをご紹介します。




↑詳細は画像クリックでご確認ください。