地震が起きた時、迅速かつ冷静な判断が重要となります。
命を守るため以下の行動パターンを覚えておきましょう。

地震が起きたら…

<自助・共助>

最初はどうする? 地震発生
●落ち着いて自分の身を守る
●可能ならドアや窓を開けて、出口を確保する

火事を防ごう! 1~2分
●火元を確認し、出火していたら初期消火を行う
●家族の安全を確認する

足を守ろう! 3分
●靴を履き、ガラスの破片などから足を守る
●非常持ち出し袋を確認する

余震に注意! 5分
●余震に注意する
●ラジオなどで正しい情報を確認する
●家屋の倒壊などの危険があれば避難

助け合い! 10分~数時間
●出火防止対策として、ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを切る
●避難が困難な人を助ける
●隣近所で協力し、出火・救助活動にあたる
●避難所では運営に協力する

いつも情報を! ~3日
●生活必需品は家庭の備蓄品でまかなうようにする
●災害情報・避難情報を常に得られるようにする
●倒壊の危険のある家・場所には近づかない

<公助>

日常へ一歩! 3日以降
●道路やライフラインの復旧活動が決まる
●救助物資が支給され始める
●通常の生活に戻るための生活再建、地域復興を進めていく