「LEDって何?」

そういう疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
LED(発光ダイオード)とは、電圧をかけた際に発光する半導体素子(電子部品)のこと。
より詳しく言うなら、順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子のことです。

LEDとは何の略?

それはLight Emitting Diode(ライト・エミッティング・ダイオード)の略です。
一般的にはエル・イー・ディーと読まれ、レッドと読むのは誤りです。

LEDのメリット

LEDのメリット
まず構造が簡単なため大量生産が可能で、安価であること。さらに消費電力が白熱電球の10分の1で電気代が安く省エネとなっています。

電球と違いフィラメントを使わないため軽量で衝撃に強く長寿命であり、故障の発生する頻度も低いのもポイント。
蛍光灯の4倍の4万時間という寿命のため、取り替えの手間がかかりません。

また蛍光灯や白熱灯など他の多くの光源と異なり、不要な紫外線や赤外線を含まないことも特徴の一つ。
そのため美術品のライトにも使われます。紫外線を出さないので虫を寄せ付けず街灯にも向いています。

LEDのデメリット

価格ですが、蛍光灯に比べて値段(コスト)が高いのが難点。

また光の指向性が面ではなく点のため、均一に光を放射できないという特徴を持ちます。

さらに白熱電球や蛍光灯に比べ、若干暗いと言われています。

LEDが使われている場所

LED使用例
LEDは低消費電力、長寿命、小型であるため数多くの電子機器に利用されています。
自動車のランプ類、信号機やふみきり、ガソリンスタンドの電光掲示板
大型ディスプレイ、懐中電灯など。
私たちの日常生活圏内に広く使用されています。

中でも家庭の照明や懐中電灯は、私たちに直接関わりのあるものですね。
特に懐中電灯は防災用品として命に関わるものですから、強力なLEDライトのものを選ぶと良いでしょう。

おすすめのLEDライトはこちら
★Cree社のLED素子を採用したLEDライト「IGNUS」★